事前相談後は、死後費用の心配を一切することなく安心して生きられること

葬儀支援関連
この記事は約2分で読めます。

あんしんサポート理念「誰もが、死後費用の心配をすることなく、心穏やかに生きられる世の中にしたい」を実現するのが「事前相談」です。

あんしんサポートの事前相談は理念を実現する場で相談後は「死後費用の心配を一切しなくていい」と思えなければ事前相談する意味はありません。

何をどうすれば死後の不安から解放されるでしょう。

① 最低限の費用と内容を正確に知ること
② 税込75.900円あれば骨壺に納まれる
③ 余裕があれば税込110.000円で遺骨処理も完了
④ 墓があれば低料金墓閉じ相談もできる
⑤ 財産があれば相続問題も相談できる
⑥ お一人様でも全て明確な低料金で対応できる
⑦ 死後処理に不安な家族も全て事前に分る
⑧ それらの費用が不安解消できる料金と内容である

大体こんな所でしょうか、ようは「最低限の費用と内容が明確に分り、それが財布に優しい金額なら不安は無くなる」わけです。

葬式については相談開始から10分もあれば不安は無くなるでしょう。

あとは個々に抱える財産、借金など様々な不安へのアドバイスで1時間~2時間ほど掛かる事が多く殆どの方は不安解消できるようです。

事前相談の目的は自身や家族の死後について全ての不を取り除く事」です。

これが無ければ相談者にとって事前相談の意味がありません。葬儀屋が葬式をする家族の確約を得る為の事前相談では何の意味もありません。

その為には相談者(家族)も正確な現状、財布事情(予測)、思い、家族関係など必要な事項は全て本音で話す必要があります。

勿論、話しをする葬儀社の人間が受付レベルでは話しになりません。実際に葬式になった際に全ての権限を持つ人間であり家族目線の人間が条件です。

あなたの体調が悪くなり病院に行ったら受付の人が話しを聞いて終わりでは納得できないでしょ? 或いは看護師だけでも同じでしょ?

超零細企業だから当然とも言えますが、あんしんサポートの事前相談は決定権を持つ2名のいずれかですから互いに本音で相談できるメリットがある。

この点は人数の多い企業の難点に成り得ますが、責任ある事業をしている所なら決定権のある人間が相談しているはずです。

決定権の無い人間が当り前のように相談している葬儀社なら無責任な会社と思って間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました