法要・遺骨・墓関連

法要・遺骨・墓関連

供養と最高の供養を知っておこう

供養とは「故人を忘れないこと」最高の供養とは「残る家族が毎日を元気な笑顔で過ごす姿を見せ続けること」供養にお金は掛からないが「心」が無いとできないのが供養だろう。
法要・遺骨・墓関連

四十九日は納骨する日ではない

四十九日は忌明け、仏の仲間入りをする日で納骨する日ではありません(しても良いんですが)日本は本来土葬ですから即日納骨が本来の姿です。
法要・遺骨・墓関連

永代供養墓建立は散骨場で見た線香の煙がきっかけ

人生の多くは教師より反面教師から学び前進することのほうが多いのが僕だけではないだろう。そう考えるとその場では腹も立つが、そのお蔭で新たな発想が生れたり、新たな対策を感がざるを得なくなったりするのだから人生とは舗装された道路ばかり走ってはいかんのでしょう。
法要・遺骨・墓関連

5万円散骨のきっかけはお婆ちゃん

僕がお婆ちゃん子だったからかお婆ちゃんには優しくなる傾向があって散骨8万円を5万円に引き下げても心に引っ掛かって合同散骨の実施になった。勿論利益はないし赤字だったけど僕の心は晴れやかでした。葬儀支援にはこんな気持ちが大事なのかもしれない。
タイトルとURLをコピーしました