葬儀支援各プラン・アドバイス・墓閉じ
我想う支援日誌

葬儀支援は借金しない‥‥は正解かも

葬式は死んでから依頼する人も多く、人の死は担当医でさえ分らないのですから葬式依頼がいつ入って来るか全く分らないのが葬儀屋、その結果として高額、高利益を求め利用者の真意とは掛け離れてる現実では支援など到底できません。だから‥‥
我想う支援日誌

吹割の滝でマイナスイオン(動画あり)

5月7日(金)は他に予定もなく、午前10時出発で散骨&ドライブでした。忙しい時はトンボ返りですが余裕がある時はちょっとした楽しみを付け足すだけで有意義な時間になります。
葬式関連

家族が葬式ですべき事一覧

葬式で家族がすべき事は「自分達家族の手で温かく送れた」と実感できる事、でもそれを家族は知りませんから我々がアドバイスしたら手伝ったり、話したりしながら葬式の数日間を温もりの有るある時間へと後ろから誘導することです。勿論、葬式費用もそのひとつです。
各種手続き

ATMは4種類ある

少額の貯金しかない通帳が人が死ぬ度に増え続けてるんじゃないかと思う。例えば10万円以下は名義人の死亡確認できれば即時精算します。みたいな基準を作らないと面倒だけが増えるんじゃないかと思うけど・・・・
各種手続き

故人の通帳引落しは、督促状を貰う

故人の通帳から生活費を引き落としている家族は結構多いです。しかし逝去したら全額引き出して「督促状」で処理することを勧めます。不要なものはキャンセルしたり、契約内容を見直すのは絶好の機会と知りましょう
葬式関連

火葬の着火音は聞かせるべき

人の死は悲しい時間が2回あり初めの1回は「息を引き取る瞬間」ですから中々立ち会うのは難しい。次は火葬炉に入り「ボッ・ゴー」と着火音が聞こえた瞬間で、これは葬儀屋と斎場がほんの少しの思いやりで実現できます。大切な人の死を受け入れ易くする為にも着火音が聞かせるべきと思う。
葬式関連

香典を当てにした葬式への疑問

葬式は家族が家族との別れを受け入れる事を最優先すべきで家族以外は基本考える必要はない。世間の広い故人なら葬式とは別日にお別れ会を開くべきだろう。まずは家族だけの葬式をすべきで世間に対しては後日の対応でも全く問題はないのだから――、
葬式関連

葬式代を出さない親戚は口を出すべきではない

葬式の七不思議があれば間違いなくひとつに入るのがこの問題。親戚に対し七五三、成人式、結婚式、誕生日等々に口を出す人を僕は知らない。なのに何故葬式だけは無責任な口出しをする人達がいるのだろう。逆の立場でよく考えてからにすへきだし、どんなに考えた所で愚かな言動は間違いない。
各種手続き

財産より借金が多ければ相続放棄

無謀な借金をする人は実際にいて家族に内緒でパンチコ依存という人もいます。昔なら夜逃げするしか無かったものが今では相続放棄すれば家族親族に迷惑を掛けない方法もあるし生前なら自己破産も家族を守る手段のひとつとなるでしょう。
我想う支援日誌

迷ったらシンプルに考える

葬儀支援が誕生したきっかけは「人の死」をシンプルに考えた結果で、人の悲しみを暴利に繋げた葬儀屋と葬式坊主への違和感と葬式貧乏の陥る人達に何が必要で、どうすれば助けられるかとシンプルに考えた結果です。一番驚くのは「俺ってこんな奴だったか」です。
タイトルとURLをコピーしました