「1」家族の愛で最後まで頑張ったお父さん

葬式関連
この記事は約4分で読めます。

2010年11月下旬あんしん館はなく一階は50坪の美容室、建物裏手の階段を登った事務所に知人の紹介で来たという若いご夫婦。

聞くと61才の父親が末期癌と分り余命3週間と言われると母親の友人が紹介した葬儀屋が今晩自宅に来るので、その前に相談したいようです。

相談に必要な知識と注意点を伝えましたが子供夫婦から聞かされる家族の言動には違和感があります。

最長でも3週間なら確かに葬式相談大切だけど、それ以前に父親と一緒に過ごす時間は自分達が後悔しない為の使い方があるはずです。

しかし家族間では葬式の話題が中心で父親と過ごせるわずかな時間についての話しは全くありません。

そこで長男夫婦に言います。
「葬式も大事だけど後悔したくなければ、お父さんとの時間を最優先させたほうが良いよ」

翌日、長男から電話で自宅に来て母親と話して貰えませんか?と言われ前橋から車で40分ほどの距離にある自宅に午後7時街中の裏路地にある自宅に到着。

長男夫婦、弟2人と母親5人で待ってました。1階は1部屋で台所も全て見え部屋とトイレ扉一枚『変わった造りだなぁ』と思っていると長男が言います。

「倉庫を改修した家だから変な造りでしょ。父親が事業に失敗し自己破産したからなんです」

なるほどと納得テーブルを囲んで座るとお茶を出してくれたお母さんがいきなり言います。

「昨日の葬儀屋さんは葬式の受付を無料で2人も用意してくれると言ってました」

「はぁ? 何の話しですか何も決まってないのに受付うんぬんは、ずっと先の話しですよ」

そう言って母親の顔を見ると、少しムッとした表情に変わったようです。

「僕を読んだのはその受付の話しじゃないよね?」

母親は更にムッとしましたが母親の話しに乗れば一般葬確定です。家庭事情も財布事情も全く分からない段階で葬式形態を決めるべきではありません。

『父親が自己破産』なら普通に考えて財布に余裕があるとは思えません。全ての概念を捨て白紙にしないと話しにならんと考えてると長男が口を切ります。

「母親は100万円あるから出来る限りの葬式をしたいと言い葬儀屋もそれが良いと言ったけど父親は葬式は要らない火葬で良いと言ってるんですよ」

なるほどぉ昨日の違和感の原因が分かりました。子供達は父親の意思通り火葬で良いと主張、妻としては出来る限りの事をしてあげたい。

その対立で少なくとも数日間を過ごしたようで違和感の原因が間違ってないと分り口を開きます。

「ある程度理解できましたが昨日長男夫婦の話しを聞いて感じた違和感が根本的な部分に間違いがあると感じるので僕の話しを聞いて貰って良いですか?」

と言うと全員が話しを止めコクリッとうなずきます。

お父さんの余命宣告は最高でも3週間なら葬式より大切にすべき時間があるでしょ!?

3週間後もすれば話しも出来ないし声も聞けなくなる。皆が一番に考えるのは少しでもお父さんと一緒に過ごす事じゃない? 

お母さんは家にある写真やアルバムを全て持って病院に行き、結婚前、夫婦だけの生活、長男、次男、三男が生れての生活と数十年の歴史を一枚、一枚の写真でさかのぼって話すこと。

子供達は仕事が終わったら消灯時間を過ぎても病室に行き息子として男としての話しをする。今から少しでも思い出を作ること。

皆は看病とでも思ってるようだけど、もう看病の時期は過ぎちゃったんだよ。だから食いたい物があったら死んでも良いから食わせる。

行きたい場所があるら無理矢理許可を取っても連れて行く、例え途中で死んでも父の望みを叶えようとした事に後悔は残らないはず。

父親が逝った時自分達の心に後悔ではなく達成感や満足感が残せる唯一の3週間なんだよ。違う!? 葬式の相談なんてそれ以外の時間ですれば良いんじゃないの?

そう語る僕の目からは涙が溢れ話しを聞く全員、つい先ほどまでムッとしてたお母さんでさえ、目を真っ赤にして涙ぐんで誰も言葉を発しません。僕の話しは更に続きます。

お母さんは全財産100万円を使って出来る限りの葬式をしたいと言いましたね。

気持ちは分りますが自分が病気になる可能性はゼロ?予想外の出費は絶対にありませんか?
 
葬式後お母さんが病気になってお金が無くて病院にも行けない姿を見たお父さんはどう思いますか? そこまでして豪華な葬式をして欲しいと言いますか?

ね、だから無理は絶対にしては駄目なんです。

それと自己破産したって言ってましたけど豪華な葬式を債権者が見たらどう思うでしょうか、

お父さんは葬式不要、ただお母さんの気持ちを考えるとこの部屋で家族葬で良いと思う。

これが受付うんぬんは、まだまだ先の話しと言った理由です。いかがですか?

すると、お母さんが言います。
「家が好きな人だからその時は家でゆっくりさせてあげたいと思ってるんですよ。でも本当にこんな場所でもお葬式できますか?」

「はい、充分できると思います。心配なら明日の夜にでも図にしてお見せしましょうか?」

「ありがとうございます。宜しくお願いします」

と穏やかな口調で深々と頭を下げたお母さんでした。わずか10分ほど前、僕にムッとしていた人が今は素直に話しを聞き心を開き始めています。

そこからはお父さんの話題、思い出話し、引っ張り出してきたアルバムには、お父さんが鹿の角のカチューシャを乗せた笑顔のクリスマス写真もあります。

父親の事業失敗で迷惑を掛けた親戚から何かにつけ父親の悪口を聞かされてきた事が家族の絆を強めている気がします。

家族が思い出話しに花を咲かせるのを遠くで聞いているような感覚の中、僕が中学3年生15才の時、家業倒産した日の事が頭に蘇ってきました。 つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました