親族葬プラン

葬儀支援関連
この記事は約2分で読めます。

個人的には不要と思う内容なのですが過去の慣習を強くひきずる家族親族には必要なプランです。

親族葬プラン319.000円(350.900税込)

家族葬プランに含まれるもの
① お迎え搬送の時間帯、距離は一切関係無し
② それも2名体制での搬送
③ 個室ベッド安置72時間含む
④ 施主花、白木膳、果物盛、四切遺影
⑤ 72時間以内に必要なドライアイス全て含む
⑥ 式場で「湯かん納棺儀」白装束付
⑦ 棺は山型フタ付6尺白布棺
⑧ 死亡届出代行(コピー付)
⑨ 本葬経・初七日法要経・前橋斎場炉前経
  勿論祭壇は直葬プラン同様豪華です
⑩ 居士大姉戒名授与(位牌三種)

⑪ お別れの儀(30分~最大4時間)
⑫ 火葬場まで霊柩搬送
⑬ 白7寸骨壺(銀貼り箱付き)
⑭ 全日程の人件費

湯かんの写真は以前のもので2021年現在の祭壇は直葬プラン同様もっと豪華、更に施主花、白木膳、果物盛等より豪華になります

⑨ 本葬経・初七日法要経・前橋斎場炉前経

本葬経、初七日法要経で最短でも45分ほど掛かります。前橋、伊勢崎斎場限定ですが当日火葬なら炉前経(3分)も含みます

⑩ 居士大姉戒名授与(位牌三種)

戒名には大別すると信士信女、居士大姉、院号とあり前橋では信士信女戒名葬式30万円~ 居士大姉戒名葬式40万円~ 院号戒名葬式80万円~

白木位牌、野位牌、七本塔婆しちほんとうばの三種ですが七本塔婆を使う住職は極端に減りました。

家族だけなら食事の心配は要りませんが親戚等で20名近くになると火葬中食事の用意が必要でしょう。

親族葬プランは2日間使って行いたい葬式で大手葬儀社で僧侶も含め200万円の家族葬と比較しても本親族葬のほうが豪華だと言われます

葬式プランのまとめ
「直葬」「ぱっく60」「家族葬」「親族葬」「永代供養散骨」以上の説明をしてきました。

全てのプランが一般葬儀社では不可能な内容、料金がご理解頂けたでしょうか不可能を可能にしている理由はひとつです。

建前でなく本当の支援内容だと宗教者を始めとした周囲が理解し協力してくれなれけば不可能な設定なのです。

当然葬儀社は商売、あんしんサポートの各プランでは商売として成立しません

全ての関係者が協力してくれるお蔭で家族が満足し家族の生活を守ることが可能になります。

料金(内容含む)だけでも葬儀社と葬儀支援の違いは明確に分ると思いますが「次回 ② 葬儀社ではしてない範囲までアドバイス」です

コメント

タイトルとURLをコピーしました