広告宣伝しない2つの理由「2」

我想う支援日誌
この記事は約4分で読めます。

「1」 広告宣伝に費用を掛ければ必ず料金に反映し高くなるから
「2」全ての依頼を受ける訳ではないから

「2」全ての依頼を受ける訳ではないからと書くと「えっ、どういうこと?」と思われる方もおられるでしょうけど、ホームページの始めに『ご利用は「事前入会」が必須です』とあり続いて『入会案内・対象者・支援地域』と記載されています。

それでも『書いてあるけど電話すりぁ引き受けるに決まってる』とでも思われるのか、逝去後に突然の依頼電話もありますが本当に受けませんので数年間でかなり減って、利用希望者は事前入会される傾向にあるようです。例外として『病院』『施設』『公共機関』からの依頼だけは引き受けております。

お受けする理由として、病院ソーシャルワーカー等が依頼者の諸事情を把握した上で支援が必要な家族であると判断した結果の紹介依頼だからです。存在を知らず事前入会しておらず当方支援が必要な方は病院、施設のソーシャルワーカーを通して連絡して貰えれば可能とも言えます。お受けできない代表的な例として――、

》会員登録されてない方
》菩提寺が行う葬式
》一般葬など大きな葬式

代表的な受けない理由を3つ書きましたが、見て分る通り一般葬儀社ではあり得ない事ばかりですから不特定多数への広告宣伝は意味がないのです。広告宣伝を見て依頼したら「お受けできません」では何の為の広告??と思われて当然だからです。

受けない理由だけ書くと単なる変人!?と思うでしょうが、ホームページで各プランの詳細をひとつ、ひとつ確認して貰えれば分ります。

端的に書くと使用品は誰が見ても違和感の無い豪華な物を使用、追加不要で実行可能なプラン内容ですから『赤字必須プラン』が大半、一例を挙げれば『役員2名だけの年中無休24時間体制での仕事』開設以来無休が続いてるわけで宗教者の協力も大きいです。

依って施行数に限界があり、規模拡大すれば実現不可能なプランばかりだからです。会員依頼は絶対に受けますから多い時は1日4件の依頼とか、あんしん館内に6名の安置が現実、但し赤字必須プランばかりですから睡眠時間を削られ労働量は増えますが報酬という見返りはさほどありません。

また葬儀支援を謳ってる以上、入会しておく価値は必須で各プラン詳細確認でご理解頂けるでしょう。『直葬』『ぱっく60』『家族葬』各プラン内容と料金を列記してみます。

葬儀社が逆立ちしても実現できない日本で実質一番低価格で豪華で「unbelievable(アンビリーバボー)」と驚かれる各プランです

直葬プラン69,000円(75,900円税込)
① ご遺体お迎え搬送(走行距離加算無し)
あんしん館式場祭壇前で納棺安置
③ 線香・末期の水(安置後は逢えません)
④ 死亡届出書作成・届出代行
⑤ 納棺安置48時間
⑥ 48時間までの保冷剤又は(冷蔵庫)
山型蓋付6尺白布棺
⑧ 地域内使用斎場まで棺搬送・案内・待機
⑨ 白7寸骨壺(銀貼箱付)
⑩ 死亡診断書コピー1枚、以上の全てが料金6.9万円に含まれます

ぱっく60プラン100,000円(110,000税込)
① ご遺体お迎え搬送(走行距離加算無し)
あんしん館式場祭壇前で納棺安置
③ 線香・末期の水(安置後は逢えません)
④ 死亡届出書作成・届出代行
⑤ 納棺安置48時間
⑥ 48時間までの保冷剤又は(冷蔵庫)
山型蓋付6尺白布棺
⑧ 地域内使用斎場まで棺搬送・案内・待機
⑨ 白7寸骨壺(銀貼箱付)
⑩ 死亡診断書コピー1枚、
⑪ 専用機械にて粉骨作業
⑫ 後日、当方専用散骨場にて散骨
一部手元供養・一部永代供養墓納骨可、以上の全てが料金10万円に含まれます

家族葬プラン150,000円(165,000円税込)
① ご遺体お迎え搬送(走行距離加算無し)
② あんしん館式場祭壇前で納棺安置
③ 線香・末期の水(安置後も逢えます)
④ 死亡届出書作成・届出代行
⑤ 納棺安置48時間
⑥ 48時間までの保冷剤又は(冷蔵庫)
⑦ 山型蓋付6尺白布棺
僧侶による読経(15分~20分)
居士・大姉戒名授与(戒名説明書あり)
⑩ 白木野位牌
⑪ あんしん館式場(20名まで)
式場は豪華な供物の揃った祭壇使用
⑬ 式後はお別れタイム(最大4時間)
⑭ 地域内使用斎場まで棺搬送・案内・待機
⑮ 白7寸骨壺(銀貼箱付)
⑯ 死亡診断書コピー1枚、以上の全てが料金15万円に含まれます

注1・基本対応地域は、旧前橋市と隣接地域(高崎・伊勢崎・渋川等)です
注2・それ以外の県内地域お迎えは+11,000円(税込加算)
   走行距離・夜間・深夜・早朝等の加算は一切ありません
注3・逢える安置への変更は+11,000円(税込加算)
注4・48時間を超える安置は24時間毎5,500円(税込加算)
注5・全プラン利用の祭壇はホームページでご確認ください
注6・家族葬プランは一般葬儀社と一桁違うほどです

コメント

タイトルとURLをコピーしました