事前相談2時間は掛るなぁ

生前の終活関連
この記事は約2分で読めます。

現在時刻5月9日午後4時、午前11時予約で入会相談に来られ入会手続きに入ると、以前葬式した別の夫婦が来館して引き続き事前相談でした。

2件で4時間だから1件2時間ほどの事前相談‥‥長げぇなぁ、とは思うんだけど理念・信条・目的の「事前相談後は、死後費用の心配を一切することなく安心して生きられること」の達成にはどうしても一定時間は掛ってしまう。

僕が行う事前相談の一般的な流れ

① 来館目的(近い対象者の有無等確認)
② 対象者との関係と希望プランの確認
③ 一択~最大三択までの各プラン提案
④ 具体的な流れ等の説明と料金説明

この辺りまで終わると約30分ほどですが来館から20分で打ち解けなかったら本音を聞き出すのは難しいだろう(殆どありませんが)

来館から40分ほどで葬式についての話しはほぼ完了している

そこから先は個々の家族の持つ条件毎に様々なアドバイスタイムに入るが本日1件目は自分達の事でしたからアドバイスも長期に渡ります。

「配偶者逝去後の生活アドバイス」「不動産名義と施設入所」「生命保険」「年金」などなどのアドバイスに入ると質問も出て1時間は掛かる。

この頃になると来館者から笑いも出るし質疑応答に近い状態になってます。

2件目は対象者が早ければ数時間後、遅くても明日という状態の為すぐに具体的な話題に入ります。

色々聞いてると「金銭的な余裕が無い」と分るが墓地があると分り基本は「直葬」一択と伝える(地域墓地のようです)

その後は葬祭費、生命保険等のアドバイスと質問で1時間以上掛り入会して帰られました。

心掛けているのは来館から30分後には財布事情も含め本音を語れるまでに心を開けないと当社の「目的」は達成できないだろうこと。

事前相談後は、死後費用の心配を一切することなく安心して生きられること」文字で書くのは簡単ですが難しいのは「安心して生きられること」です。

初めて逢った人が自宅に帰ったあとも安心していられるだけの信頼感を得るのは簡単ではありません。

それを可能にするのが「紹介者の存在」でしょう。

聞かされてる内容は分りませんが聞かされてた通りか。それ以上でなければ納得はしませんから最低でも聞かされてた通りでしょう。

紹介した人から聞かされてるのは「とにかく良くして貰った」「親切だから相談してごらん」という類の話しが圧倒的に多いようです。

あとは「下手な事を言うと断られるよ」「面接に合格しないと入会できないよ」と言われて来た人達も結構多くて笑えます。

もしかしすると「口は悪いけどね」と言われてるかもかもしれませんが相手が本音を言える雰囲気にならないと意味がありません。

来館時と帰りでは全く雰囲気が違うし人に溶け込む早さは天性のもので真似はできない。代表に何かあったら一番の心配はそこです。

これが千明にとって最大の不安だそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました