葬式関連

棺に入れられる物、入れられない物

入れてあげるべき物の筆頭は故人が看てた位牌類でしょう。斎場(火葬場)毎に内容は異なるので利用する葬儀屋に確認しましょう。
葬式関連

焼骨に付着する色と喉仏

病気で薬を飲んでたから焼骨に色が着くと言う人はとにかく多いが、それが事実である可能性は低いだろう。緑色熱したチタンに触れた骨の部分の可能性が高いし茶色系は焦げた色と思って良いだろう。斎場職員が入れた花の色と言うがその可能性も低いと思える。
葬式関連

素手で拾骨すれば違いはハッキリ分かる

橋渡しの言葉はあっても箸渡しなる言葉はない。またこの世とあの世の橋渡しなど昔は土葬だからあり得ない。屁理屈の語呂合わせに惑わされず「ありがとう」の言葉を添えて各自が手で拾ってあげたいものだ。但し昔ながらの熱いまま拾骨する斎場ではできません。
我想う支援日誌

学ぶのは立派な人でなく反面教師から

66年の人生を振り返ると僕の学びの大半は「反面教師」だったことに気づく。偉人と呼ばれたり、成功者と呼ばれる人達の話しは、その人だったから成し得た事で自分が真似して出来る事ではないだろう。しかし99%の人間は同じだから偉人には成れなくても凡人として成功はできるはずだ。
葬儀支援関連

事前相談後は、死後費用の心配を一切することなく安心して生きられること

あんしんサポート理念「誰もが、死後費用の心配をすることなく、心穏やかに生きられる世の中にしたい」は言葉だけでは意味がありません。理念を実現するのが「事前相談」であり事前相談後は理念から目的へと進み施行で実現させます。
葬儀支援関連

葬儀は大事、でも残る家族の生活はもっと大事だから絶対に無理はさせません

葬儀は存命中に行う別れを受け入れる為の時間だからとても大事、しかし逝去後の葬式は騒ぐことでも無理をすることでもなく、温かい心で送れることです。無理して残る家族の生活に支障が出たら親の葬式なら親不孝の上塗りでしかありません。絶対に無理をしてはいけません。
葬儀支援関連

誰もが死後費用の心配をせず生きられる世の中にしたい「理念」

この世に生を受ければ100%終幕を迎えるのは誰でも知ってる事。国が誕生を認めたなら死後の処置だけでも福祉で行うべきだろう。それが駄目なら国民一人ひとりが積み立てれば簡単に解決するのにしない。2030年までに死後費用の心配をせず生きられる世の中になって欲しい。
葬式関連

家族が死にそうだけどお金がない

金がなければ尚更のこと逝去前に動き出すことです。病院ならソーシャルワーカー、他は地域包括支援センターに行きましょう。偉そうな態度をせず現状を伝えれば対応してくれる葬儀社を紹介してくれたり最善の方法を探してくれるかもしれません。余り深刻に考えず楽観視することも大事です。
葬儀支援関連

今の葬式視点は「家族目線」ではない

葬儀は大事、でも葬式より残る家族の生活はもっと大事、だから絶対に無理をしてはいけません。無理はさせません。あんしんサポートの信条ですが、今の葬式は残る家族の生活など無視した葬式や布施が横行しています。もう一時じっくり我が家の葬式について考えておきべきと思う。
法要・遺骨・墓関連

供養と最高の供養を知っておこう

供養とは「故人を忘れないこと」最高の供養とは「残る家族が毎日を元気な笑顔で過ごす姿を見せ続けること」供養にお金は掛からないが「心」が無いとできないのが供養だろう。
タイトルとURLをコピーしました