⑳ 葬式は予想以上に高額

この記事は約2分で読めます。

》日本国民の責任だろうな

「葬儀社の料金が高過ぎる」「布施が高過ぎる」何百回聞いたか分らないほど聞く言葉ですが今回はその元凶についての話しです。

結論を言うと『その元凶は日本国民です

葬儀社や寺が慈善事業や行政、あんしんサポートのような葬儀支援センターであれば違ってきますが、葬儀社は完全なる商売だし大半の菩提寺住職が金の亡者なのも誰でも知ってる事です。

高い、高いと文句を言うなら、そんな葬儀社は使わなければ良いし、そんな寺ならサッサと檀家を辞めれば良いんです。

もし日本の大多数がこのような言動を実施したら間違いなく葬式代と布施は半額程度まで下がります。

しかし文句を言いながらも言われた金額を支払うからいつまでも高いままなんです。

葬式を依頼する葬儀社に困る地域なんて普通は絶対にありません。あとはして欲しい内容を正確に伝え費用を明確にして貰う事です。

その金額が納得できなければ次の葬儀社で同じ内容で見積もる。これを繰り返せば100%満足とはいかなくても納得できる葬儀社は探せるでしょう。

次いで寺ですが納得できない寺の檀家でいる意味はないのだからサッサと墓閉じして縁を切る事です。

今の時代、僧侶は余ってますし寺の檀家を抜ける人のほうが檀家になる人より多い時代ですから困る事は絶対にないと断言します。

ついでに違う宗教を学ぶも良し、僕のように無信仰を貫くも良しです。

葬式代、宗教者謝礼、どちらも納得できる所を探し妥協しない人達が増えない限り葬式代は安くなりません。

商売人相手に安くしたい能書きをたれても意味がありません。

依って日本の葬式代が高過ぎるのは全て日本国民の責任です。

タイトルとURLをコピーしました