① 人は必ず死ぬ生き物

この記事は約2分で読めます。

》死後費用の心配無用は絶対条

『この世に生を受ければ例外なく終幕を迎える』
『人の終幕がいつ訪れるか誰にも分からない』


人の終幕は年代でもなく年齢順でもないのは『当たり前の事』これは誰でも分っている事、それは今日かもしれないし明日かもしれない。

『死には2つの不安がある』

・ひとつは「死」への不安、今の自分が無くなる死への不安は誰でもあって当然です。

・もうひとつは「死後費用」と「残る家族の生活」の不安です

「死」への不安は死後が明確に分ってない現在では残念ながら取り除けません。厚い信仰心が持てれば克服できるのかもしれませんが――、

しかし「死後費用」と「残る家族の生活」への不安は取り除ける要素があります。

『死後費用』の不安解消方法

① 身体の処分(火葬)する
② 焼骨の処分

ふたつの条件を満たせば死後費用の不安からは解消、決して難しい事ではありません。

最低限で追加不要な『直葬料金』と『遺骨処理費用』を明確にして取り分けておく事で解決できます。

火葬と遺骨処理、自分で問題なく支払える葬儀社等を探して契約、必要な金額は明記して取り分けるか専用口座で管理しておく。

事前に支払っておきたいと言われる人もいるし、実際に支払う人もいますが年代の若い方は自己管理したほうが無難その葬儀社が事業継続してる保証はない。

これで「死後費用」の心配だけは解消できます

『残る家族の生活』

この点については絶対的な安心感は得られません。しかし自身の死後費用に多額の費用が掛らない現実を創り出す事で相当違います。

あんしんサポートの事前相談で説明するのは最低限必要な死体と遺骨処理の内容と費用で、そこには宗教儀式も会葬者うんぬんもない。

何事も『芯』があり『死後費用の芯』は死体と遺骨の処理です

タイトルとURLをコピーしました